リユースギャラリーとは


リユースギャラリー清雅 店内 リユースギャラリー清雅は日本初の「リユースギャラリー」です。
「日本初」というのは、店主が知っている範囲内では(加えて、ネットで検索する限りは)、リユース品(中古品)専門に美術品を扱っているギャラリーは、これまでなかったからです。

類似の他業態との違いは次のとおりです。
  • 一般のギャラリーとは異なり、基本的に新品は扱いません。(要望があれば取り寄せます)
  • 古美術店、道具屋とは異なり、現代作家中心の商品構成です。
  • リサイクルショップとは異なり、作家や制作時期を伝えて販売します。(全品真作保証)

他の類似業態の良い点を取り入れた独創的な事業展開を図ります。



■事業(サービス)の独創性について


●従来の類似業態のイメージ
ギャラリー・備前焼専門店など
  • 綺麗な店舗だが敷居が高い
  • 著名な作家以外は買取をしない
  • 新作中心のため高額品が中心
  • 店によっては扱い範囲が狭い
  • 商店街等にあり、車で行きにくい
古美術店・道具屋
  • 目利き、玄人中心だが、不得意分野も
  • 暗くて入りにくいイメージ
  • 商品の見せ方は、並べているだけ
  • 店主が気難しそう
  • 江戸期以前のものは真贋不明
  • 買取価格は安価なイメージ
  • 商店街等にあり、車で行きにくい
リサイクルショップ
  • 郊外立地、入りやすく、きれいで明るい
  • 目利きが少なく、説明がない
  • 売りやすいが買取価格は安価
    (注:ブランド品の場合は高価)
  • 美術品に限定すれば、商品が少ない
  • 買いやすいが、値段がバラバラ





●リユースギャラリーのイメージ
リユース品を中心に取り扱い、従来の類似業態の良い面を取り入れて事業展開。
リユースギャラリー
  • 郊外立地、入りやすく、きれいで明るい
  • 取り扱い分野を絞り、専門性を発揮
    (主な取扱品は、第2次大戦後の備前焼類と、20世紀以降の版画・油絵)
  • ただし、既存のギャラリーよりも幅広い分野
  • 商品の見せ方は、ギャラリー・専門店風
  • 取り扱い分野に限定すれば、商品が豊富
  • 販売商品を綺麗にして展示
    (場合によって、額を新品にするなど)
  • 適正価格で買い取り
    (取り扱い分野以外は買取はしない)
  • 販売価格は既存のギャラリーよりも安価
    (取扱商品がリユース品のため)
  • 販売商品の真作を保証

店主紹介

雄龍 清志

「お届けしたいのは時間です」
過去に作られた作品を 現在保有(使用)したい人に届けることで 将来もその作品が輝き続けるでしょう。
作品から過去の雰囲気を味わい それを通じて現在の時間を楽しみ 将来の糧となさってください。

Ranking

Top