店主略歴


■氏名

雄龍清志(おりょうきよし)

■生年

昭和31年

■略歴

昭和54年3月 山口大学経済学部経済学科卒業
54年4月 地元の銀行へ入行
61年5月 経済調査機関へ出向
平成23年3月 地元の銀行を退職、出向先の経済調査機関へ入社
25年6月 経済調査機関を退職
25年9月 「リユースギャラリー清雅」を開業
  (この間の兼務など)
平成12年8月〜13年3月 東京大学先端科学技術研究センター協力研究員
平成20年10月〜25年3月
(各年度後期のみ)
岡山大学大学院文化科学研究科 非常勤講師


■主な調査研究業績…いずれも共著

  • 「情報化と地域経済」(昭和60年、九州経済調査協会発行)
  • 「岡山県下における景気循環の特色」(昭和60年、岡山経済研究所発行)
  • 「図説 岡山経済」(平成5年、山陽新聞社発行)
  • 「日本の産業システム7 生活直結産業」(平成15年、NTT出版発行)

■備前焼、絵画・版画などの収集など

  • 高校〜大学時代に独学で油絵を描いていた
  • 大学1年の時は美術部に所属。自分の力の無さを感じて1年間で退部
  • 昭和62年 地元デパートでビュッフェの版画を購入(収集の始まり)
  • 昭和63年 地元の画廊で購入するようになる
  • 平成元年 備前陶芸会館で初めて備前焼を購入
  • 平成4年 出張の空いた時間などを利用して、東京の画廊などでも購入するようになる
  • 平成6年 通信販売(目録販売)なども利用開始
  • 平成9年 会員制のオークションを利用開始
  • 平成15年 ヤフオクでの購入も開始
  • 平成17年 リサイクルショップでの購入も開始
  • その他、骨董市、チャリティー入札会、フリーマーケット、作家からの直接購入も
  • 「リユースギャラリー清雅」開業時には、収集品は、備前焼などの陶磁器類約2,000点、版画・絵画類約300点に達した。

■現在の趣味

  • 備前焼、絵画・版画などの鑑賞・収集、推理小説など

店主紹介

雄龍 清志

「お届けしたいのは時間です」
過去に作られた作品を 現在保有(使用)したい人に届けることで 将来もその作品が輝き続けるでしょう。
作品から過去の雰囲気を味わい それを通じて現在の時間を楽しみ 将来の糧となさってください。

Ranking

Top